結婚式で手作りできるもの

Hans / Pixabay

結婚式で手作りをすることは、最近では珍しくなくなり新郎新婦が手作りアイテムをすることに情熱を注いでいることもあります。高額なアイテムを使って手作りしているケースもありますが、100円ショップなどで購入したものに工夫を凝らして上手に活用しているケースもあります。本格的にアイテムを手作りするケースもありますし、それぞれ皆工夫をして手づくりを楽しんでいます。結婚式に手作りのものを足してオリジナルをアピールするには最適のアイテムです。

作ったものとして、木や生花を使って温かみのある雰囲気を出すものもありSNSなどの写真をモデルにして作ることもあります。カラフルな砂などを閉じ込めて電球のインテリアにしたり、受付のリースに関しても手作りすることができます。ウェルカムスペースで飾るのは、ペーパークラフトで使ったオブジェや新郎新婦の写真を貼り合わせたウェルカムボードをおきます。結婚式の日付をあしらっているバルーンや、メッセージがプリントされているものも手作りアイテムに欠かせません。

県外から来ているカップルなので県外ゲストが多いというときも、観光することができるツアーを含めて招待していることもあります。観光パンフレットを手作りで行いゲストに配るという工夫も、ただの既製品より心がこもっていて嬉しさがこみ上げて来ます。土地勘がないとされているゲストにとっても嬉しい配慮です。

受付・披露宴会場の周辺を彩るアイテムは、手作りであれば温かみがありほんわかとした結婚式を演出できます。ウェルカムスペースにドライフラワーやフルーツ・流木や枯れ木などを飾ることでナチュラル感が演出でき、お店で購入したものにはない雰囲気を出すのにぴったりです。お金をかけなくとも手づくり感満載でパーフェクトな結婚式を作り上げることができるのも、最近では多くの症例があるからだと言われています。他にはないデコレーションで、2人だけのオリジナルウェディングを行うことが可能です。